関東五大天神 桐生領総鎮守 桐生天満宮の公式ホームページです。 このページでは桐生天満宮の由緒・歴史をご紹介しております。
 
関東五大天神 桐生天満宮TOPへ
関東五大天神  桐生領総鎮守  群馬県指定重要文化財

TOP > 由緒・歴史

由緒・歴史
群馬県指定重要文化財 「天満宮社殿」

桐生天満宮の御祭神・菅原道真公は、平安時代の優れた学者・文化人・政治家で、一般に「天神さま」と称されて、広く崇敬されてまいりました。
神門・拝殿・水舎・太鼓橋
▲神門・拝殿・水舎・太鼓橋
 当宮の起源は、第十二代の景行天皇の時代に、
上毛野国造が天穂日命を奉斎した磯部明神であり、
その後幾多の星霜を経て、
文治三 (一、一八七)年から当地を支配した桐生家が
代々の守護神として崇敬し、
観応年間(一、三五〇年頃)には、京都より北野天満宮の御分霊を合祀して「桐生天満宮」と改称し、
桐生領五十四ケ村の総鎮守と定められました。
 天正九(一、五八一)年に徳川家康公が東征の折りには、徳川家代々の祈願所として朱印地を賜わり、
天正十九(一、五九一)年には、桐生新町の宿頭として整備され、境内地や社殿は壮大なものとなりました。
 慶長五(一、六〇〇)年の関ケ原合戦には、軍旗に用いる旗絹を当宮の御神前に供えて戦勝祈願し、その勝利凱旋を吉例として境内には織物市が開設され、後の桐生織物繁栄の礎となりました。
古民具骨董市

 社殿は安永七(一、七七八)年に起工して
寛政五(一、七九三)年に落成したもので、
岩の上の天神」と称されるように、本殿・幣殿は岩の上に建ち、社殿すべてが当時の建築装飾技術の粋を集めた建造物として、群馬県指定の重要文化財となっております。

 → 群馬県指定重要文化財 「天満宮社殿」
 → 桐生市指定重要文化財 「末社春日社」

由緒・歴史 | 境内案内 | 御祭神と御神徳 | 御利益 | 年間行事 | 昇殿祈願と出張祭典
奉賛会 | 交通案内図 | 古民具骨董市 | 風水方除桐生天神 | 厄除表 | 人生儀礼と昇殿諸祈願のご案内

Copyright (C) 2006 関東五大天神 桐生天満宮. All Rights Reserved.